CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
最近のお買い物
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| - | | - | - |



コーヒーショップあらびあん

 

美里食堂で昼食補給したあと、次の補給ポイントを目指して来た道を引き返す。追い風に乗って楽ちん。落合橋で犀川方面には戻らず千曲川左岸を南下。天気はいまいちだが北アルプスがよく見える。

 

 

1時間程度で "コーヒーショップあらびあん" に到着。”長野市の昭和な純喫茶ランキング” があれば上位にランキングする店構えだ。ガラス越しに店内を伺うと異常に暗い。営業しているのか....ちょっと不安。でもペンダントライトは灯ってる。意を決して入店。
「いらっしゃいませ〜」

おおー、よかった、営業してた。

「こんにちわー」

年配のご夫婦と先客1名。おもわず挨拶してしまう。

 

 

近ごろ入店時に挨拶することが多い。なんかそう言う雰囲気なんだよね。どう言う雰囲気かと言うと、お客さんが少なくて常連さんが多いお店では入店時に ”誰が来たんだろう” と確認されるわけだ。そこで "初めてですけど決して怪しい者じゃありませんよ" ということで ”こんにちわー" と挨拶するのだな。レーパンに派手めなチームジャージなので見慣れてない場合、怪しい人判定されかねないからね。

 

 

石油ストーブ近くの窓よりの席に座る。テーブルの上にケーキセット(チョコ、モンブラン)のポップがある。

「ケーキセットでケーキはモンブランお願いします。」

「モンブランがあるかどうか....なければ別のケーキでもいいですか。」

「いいですよ、なんでも」

このゆるさ、きらいじゃない。

 

 

サイフォンで淹れた珈琲はマイルドで美味しい。甘さ控えめのモンブランとよく合う。ステンドグラスのペンダントライド、使い込まれたテーブルとソファー、レトロな観葉植物、家庭用の石油ストーブ....妙に落ち着く。スタバじゃこうは行かない。

 

 

居心地よくてすっかり長居してしまった。お店をでると既に夕方、北風強く思わず背中のポケットからウインドブレーカーを取り出す。暗くなるまでには帰りたい。

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Ride | 23:37 | comments(0) | - |



美里食堂(信州中野)

 

長野に住み始めて5回目の冬なのだが、こんなに雪が少ないのは初めてだ。例年この時期は市街地でも路肩には雪が残っており、朝は凍結している。ママチャリはともかく、とてもロードに乗る気にはならない。ところが今年はほとんど雪が降らない。降っても気温が高いので直ぐに溶けてしまう。毎日のように雪が降った年は駐車場の雪かきや道路の渋滞に辟易したものだが、今年は肩透かしを食ったようで、なんだが物足りなくさえある。

 

 

と言うわけで 極楽飲食ポタだ。この日最低気温は氷点下1℃。さすがに寒いのでお昼過ぎに出発。犀川右岸の堤防道路から千曲川右岸の自転車道に入って北上する。お昼過ぎても気温は低く、おまけに北風が行手をさえぎる。全然極楽じゃない。戸隠山はきれいに見えるが飯縄山は半分雲隠れ。黒姫、妙高は確認できない。すれ違うロード乗りはゼロ。まぁ普通乗らないわな。午後2時の休憩タイム前に入店しなきゃいけないのでダラダラしてられない。もっともダラダラしてると寒くて風邪引くので(いや、寒くて帰りたくなるので)がんばって漕ぐ。

 

 

信州中野ICの近くにある美里食堂に到着。知らないとスルー必至のレトロな佇まいだ。最近はよく利用させてもらっている。先客はいない。ご主人とおかみさんが真ん中のテーブルでおじさんと談笑してる。このマッタリとした雰囲気、きらいじゃない。

 

 

おかみさんがお水を持ってきてくれたので、"ニラレバ定食" をオーダー。天井近くに設置してあるテレビは相撲中継。しばらくすると”ニラレバ定食” 到着。前回のチャーハンも感激したが、今回のレバニラも旨い。野菜のシャキシャキ感と味付けが絶妙。単にエネルギー補給じゃない満足感。次回は "うまに定食" か "もつ煮定食" か迷うわ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Ride | 23:00 | comments(0) | - |



戸隠〜小菅神社〜まきばの湯

 

 

戸隠

次男がロドスタで遊びに来たので取り敢えずは戸隠へドライブ。ナンカン激安スタッドレスの雪上性能を確認したいらしい。

 

昨年末に履き替えたのだが、ドライ性能ははっきり言って非常にpoor。ちょっとスピード出してクイックにステアリング切るとタイヤがグニャっと潰れるのがわかってとっても怖い。いくら安いとは言えドライ性能がこれじゃーねぇ。高くても安心の国産スタッドレスにしとけばよかったんじゃないの....なんて思っていたのだが、いやいやスタッドレスなんだから雪上性能を確認しなくてどうするの。と言うわけで雪国長野までやってきたのだ。長野、雪降ってないけど。

 

 

で近場の戸隠スキー場の車が来ない道で雪上テスト。

雪を頂いた戸隠連山が迫力ある。写真撮影にも格好のロケーションだ。

 

結果、ナンカン激安スタッドレス凄い。すげー止まる、すげー曲がる。雪上性能は安心の国産スタッドレスより高い。ああ、ナンカン激安スタッドレスにしてよかったね。雪道ってほとんど走らない気がするけど。

 

 

信州戸隠 そばの実

 

さて、お昼は戸隠スキー場からほど近い「信州戸隠 そばの実」。人気店なので名前を書いて順番待ち。戸隠で待たずに入れる蕎麦屋を探してると戸隠終了してしまうことは既に学習済みだ。

 

 

さすがに旨い。店の雰囲気、接客、味、どれも満足。特に蕎麦湯をこれほど旨いと思ったのは初めてだ。価格もそれなりなんだけどね。

 

 

 

小菅神社

昼飯の後は腹ごなしに「小菅神社」トレッキング。

信州三大修験霊場のひとつ。有名な戸隠神社と飯綱神社に比べここ小菅神社を知る人は少ない気がする。実際参拝者も少ない。地元の人に聞いたところ昨日は1名、この日も初めてだと言われた。

 

 

鳥居をくぐってから続く杉並木と石畳の異次元感はハンパないと思うのだが。まぁ戸隠神社の様に人気が出て観光客だらけになっちゃうと二度と行かなくなるのでこのままでいいか。

 

 

途中から雪上トレッキングになったが、30分ちょっとで奥社本殿に到着。

 

 

大室温泉 まきばの湯

締めは地元民の憩いの場「大室温泉 まきばの湯」。

ここはよく行く温泉TOP3に入る。泉質は近くの松代温泉・加賀井温泉に負けるが全体の雰囲気というか”ほっこり感”では負けていない。高台にあるので夕方訪れると長野市街の夜景に癒やされる。地元で取れた新鮮な野菜がびっくりするぐらい安く手に入る。土日は食事ができることもポイント高い。

 

 

と言うわけで釜揚げうどん。冷水で締めたうどんも旨いがこの釜揚げうどんのモッチリ感は別物。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Jogging・Run・登山 | 23:26 | comments(0) | - |



富士ノ塔山トレッキング〜うるおい館

 

正月太り解消のためちょっこっと走ってくるか....という軽いのりでスタート。だけど走った後は 当然うるおい館(裾花峡温泉)で汗を流してご褒美ビアなわけで全然正月太り解消にならないのだが、気にしない。

 

小市橋を渡り志奈埜市神社(しなのいちじんじゃ)の裏からトレイルに入る。尾根伝いの直登なのでそこそこの急登だ。すぐに息が上がって休憩。見晴らしの良い場所に出ると写真撮るため休憩。何かと理由をつけて休憩が多いのだが、まぁそんなもんだろ。

 

 

下りは走るのだけど少しでも上りになると歩きが入る。トレランじゃなくてトレッキングなんで気にしない。

少し上ると第一展望台に到着。善光寺平の犀川と川中島町辺りが一望できる。

 

 

富士ノ塔山の頂上からの眺め。

 

ここからしばらくは舗装された林道を下ったあと再びトレイルに突入。

トレランよりMTBにちょうど良い感じ。

 

だいぶ降りてきた。

 

 

裾花川に出て川沿いを遡上する。

 

 

夕日が眩しい

 

 

うるおい館 到着。 訪問回数で言えば、十福の湯と供にダントツの双璧だな。源泉かけ流しのお湯が長野市街中心部から徒歩10分足らずで楽しめるのだから言うことない。走った後ここで汗流して町中で飲み歩くってのが定番。

 

と言うことで、ご褒美ビア

 

権堂アーケードをぶらぶら。

 

帰りは電車。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Jogging・Run・登山 | 23:39 | comments(0) | - |



美里食堂〜ミルグリーン

 

朝起きてカーテンを開けると曇り空。底冷えがして寒い。雪降りそう。ダラダラ過ごして11時過ぎにスタート。行き先は決めてない。とり敢えずは犀川・千曲川を北上する。少し日が出てきたが気温は上がらず。

 

 

信州中野到着。

ここまでは一部に一般道もあるが基本はサイクリングロードなので快適に走れる。左手に北信五岳、右手に四阿山から志賀高原が見渡せる最高のロケーションだ。しかしここから更に北上する道路はどれもかなり走りづらい。大型車を含めて交通量が多いが道幅は狭く路肩がほとんどない。あっても波打ってるのでハンドル取られる。さらに左折専用車線など自転車が走ることを想定していない道路行政に萎える。

 

 

そんなわけで本日も信州中野の美里食堂で昼飯。前回は「肉野菜定食」だったのだが、今回は「特製美里ラーメン」をお願いする。

 

 

おー! これが「特性美里ラーメン」かぁ〜。何が出てくるかお楽しみだったが、「五目あんかけラーメン」ってとこか。

スープが絶妙。麺によく絡んで旨い。塩分控えるためスープは残す。ことができない。

 

 

帰る途中にミルグリーンでジェラート。

 

 

ココアと抹茶のダブル。

寒いので体の中からも冷やす。

 

 

今日も日暮れ前に無事に帰着。

距離54.5km

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Ride | 23:25 | comments(0) | - |



鏡池・妙高高原 トレッキング

 

9月頃「今年の紅葉は遅い」なんて言ってたのに、大雨やら台風やらで気づいた時には北アルプスの紅葉は終わってた。「戸隠辺りがちょうど良いんじゃない」ってことで遅く起きた朝、朝食のあと、のそのそと出かけた。長野市街から七曲りを抜け宝光社の手前を左折して鏡池を目指す。

 

 

最盛期は一般車両は通行止めとなりシャトルバスが往復するほどの人気スポットだが、この日は普通に侵入できる。「あれっ、早すぎるのか、それとも人気無くなっちゃたのかなぁ....」なんて心配しながら駐車場に着くと待ちの車が10台ほど。なんとか駐車して湖面にでると(池なんだけど、池面って言うのかな)、遅かった。紅葉は既に終わりかけてる。

 

 

木々の半分くらいは既に葉っぱが無い。山全体としてはグレーの部分が多い。だけど雲ひとつ無い快晴で正面に戸隠のギザギザがクッキリとよく見える。「紅葉はちょっと遅かったけど天気は最高だね。」なんていいながら、池の周りをプチ・トレッキング。暑くもなく寒くもなく丁度良い。

 

 

さてそれでは折角戸隠に来たのでお蕎麦屋さんを探す。ところがお昼時でどこも満員待ち行列。スルーして次のお店を探してるうちに戸隠しゅーりょー。そして魔の14:00が近づく。飲食店は14:00で一度終わっちゃうんだよね。これまで何度昼食たべそびれたことか。或いはコンビニで済ませたことか。

 

 

しょうが無いので野尻湖で昼飯....ってのも良いんだけど折角天気が良いので妙高スカイケーブル山頂駅にある展望レストラン「エートル」で昼食ってのが最高じゃないか。と言うことで野尻湖もスルーして妙高高原を目指す。

 

 

だが世の中そう上手く行くはずもなく、展望レストラン「エートル」はこの時期は飲み物とアイスクリーム販売だけ。そうこうしているうちに14:00を回る。はい今日も昼食抜きが決定。

 

 

こう言う時のためにいつも持ち歩いている非常食&バランス栄養食「ソイジョイ」と「1本満足バー」が活躍する。空腹時のイライラもこれで解消....するはずもない。この中途半端な時間に待ち時間なく、そこそこ満足できる飲食店といえば....そう回転寿司だ。

 

 

ガラ空きのかっぱ寿司長野稲田店で食欲を満たし、本日のミッション終了。チェーン店のメリットの一つは通し営業だな。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Jogging・Run・登山 | 23:15 | comments(0) | - |



富士ノ塔山トレッキング

 

台風19号による千曲川の氾濫によりいつも走ってるCR周辺も被害が出ている。自宅は大丈夫だったのだがTVで被害状況を見ていると走る気になれず先週は大人しくしてた。今回は2週間ぶりの屋外活動で富士ノ塔山トレッキングだ。

 

 

前回、富士ノ塔山に上った時は志奈埜市神社から登山道に入ったが、今回は県道406号を進み平林から登山道に入る。住宅がなくなるとまるで廃道の雰囲気。廃道ってなんだか登山道より怖い。舗装はしてあるのだがドロと落ち葉で歩きにくい。

 

 

登山道に出るとなぜかホッとする。ここから富士ノ塔山山頂までは結構斜度がきつい。

 

MTBのタイヤの跡がある。ここをMTBで下るのか。楽しそうだけど技術的にちょっとムリだ。半分以上押しが入るだろう。

 

 

里山もそろそろ色づき始めた。夏が終わるのは切ないけど秋になるとやっぱり秋の方がいいわ。暑くないし。

 

 

長野市街に下りた後は定番の「裾花峡温泉 うるおい館」で汗を流す。ご褒美のビールがすこぶる旨い。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Jogging・Run・登山 | 23:32 | comments(0) | - |



池ノ平湿原 トレッキング

 

先月の乗鞍・車山登山がハードすぎたので今回は上らないソフトなトレッキングをカミさんが希望。

 

 

そこで五竜テレキャビンで標高1515mアルプス平へ直行し高山植物園を散策、元気があれば小遠見山トレッキングの予定だった。ところが白馬方面の天気予報は曇り。とりあえず行ってみようと国道19号を白馬方面へ向かったのだが、お空は真っ黒。これじゃあ上っても何も見えないだろう、と急遽予定を変更してお空が明るい上田方面へUターン。

 

 

上信越自動車道を東部湯の丸ICで下りて県道94号を上っていく。天気は快晴。白馬と東御でこれほど天気が違うのか。お昼を買うためにコンビニを探すが見つからず、そのまま湯の丸高原ビジターセンターに着いてしまった。補給食手に入れられず。お昼は非常食のソイジョイだ。自販でスポーツ飲料を購入して池ノ平湿原へ向かう。

 

 

池の平湿原は夏から秋にかけて1200種を越える草花が咲き誇る高山植物の楽園とのことだが残念ながら花の季節は終わっている。紅葉にはまだ早い。だけど寒くも暑くもなく空気が澄んでて人も少ない今の時期は最高だ。

 

 

反時計回りで初め少し上り、雲上の丘で休憩。近くの黒斑山、浅間山から遠く北アルプス、美ヶ原、八ヶ岳、富士山まで、これほど天気が良くて遠くの山々が見渡せるのは久しぶりだ。くるっと一周2時間のつもりだったのだけどのんびりトレッキングで3時間程も楽しんだ。

 

 

帰りは北側に下りて国道406号で菅平に抜け、長野菅平線で長野市内に下りる。大室温泉まきばの湯で汗を流して本日のミッション終了。

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Jogging・Run・登山 | 23:25 | comments(0) | - |



小布施ジェラート ミルグリーン

日曜の夕方、千曲川沿いのサイクリングロードを小布施までひとっ走り。

 

 

この土日は雨の予報だったので屋内活動の予定だったのだが、どうも雨降りそうにない。天気予報を確認するといつの間にか「晴れ時々曇り」になってる。それならばちょこっと漕いでくるか、と重い腰を上げたのだが既に14:00を回っている。

 

 

行き先は小布施牧場直営のジェラート屋さんミルグリーン。前から気になってたのだけどなかなか行く機会がなかった。片道20km程なので暗くなる前に戻ってこれる。

9月も終わりなので流石に暑くもなく、半袖ジャージにレーパンでちょうどよい。それでも走り始めると大量の汗をかくのだが。

 

 

いつものように犀川右岸の堤防道路で落合橋まで行き、そこから千曲川右岸に入る。

曇り空で北信五岳もいまいち。比較的近い飯縄と斑尾は見えるが戸隠、黒姫、妙高は見えない。

 

 

1時間弱でミルグリーン到着。おおー、オサレだ。想像以上にオサレな店構え。オサレな店舗がオサレなお客さんで賑わってる。自転車乗りはいない。ここにレーパン・ジャージ姿のおっさんが一人で入っていくのはちょっと気が引ける。

 

 

「小布施 栗ミルク」のシングル(¥420-)を発注。栗の風味とミルクアイスのバランスが絶妙。あとで気づいたのだが¥480-でダブルにすればよかった。

 

 

さて写真撮って、ツイッターにアップして撤収。

帰りは雲行きが怪しくなってきたが、降られる前に無事帰宅。

今日もありがとう。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Ride | 23:42 | comments(0) | - |



車山 トレッキング

 

 カミさんは昨日の乗鞍登山が結構ハードだったようで筋肉痛らしい。なので今日は温泉にでも行ってのんびりするつもりだった。天気予報も曇りだったし。ところが朝起きてみると思いのほか天気が良い。この時期に快晴の休日は貴重だ。「ダラダラするのはもったいないので、登らなくていい山に行こう」と言うことになる。あれこれ考えた結果、山頂までリフトで行ける車山トレッキングに決定。

 

 

 ここって白樺湖から霧ヶ峰へ抜けるビーナスラインの最も気持ちがいい場所にある。ドライブでよく通るのだが通過するだけで登ったとはない。調べてみると山の北側に面白そうな高原(湿原)が広がっていてトレッキング道が整備されてる。山頂からいい雲が撮れるかもしれない(タイムラプス)。

 

 

 自宅から1時間30分、到着するとメインの駐車場も南側の駐車場も既に満車で近くの建物のそばに誘導される。もう11時だもんね。頂上までの2本のリフトを乗り継いで15分。ああなんてお手軽なんだ。もう頂上来ちゃったよ。

 

 

 一応晴れてるんだけど見通しはいまいち。八ヶ岳は雲の中 頂上はかなり広いが神社と気象レーダーがあるだけで売店とかはない。30分もいれば飽きる。このままリフトで降りるのもつまらないので少し歩いて下ることにする。

 

 筋肉痛だけど(カミさん)下るだけだから大丈夫だろうとこの日も見通しがあまい。リフト沿いに下るのも芸がないので反対側(車山肩方面)に降りてコロボックルヒュッテで名物のボルシチでランチという計画。これが失敗。ガレててかなり歩きにくい。だんだん会話がなくなってくる。沈黙.....(汗)

 

 

 なんとか下りてお目当てのボルシチとパンと珈琲のセット(¥1,300-)を頂く。旨い。サイフォンで淹れた珈琲も絶品。しかしもう少しボリュームが欲しい。2人前はいけそうだ。

 

 

 さてランチの後は登り返しを避け北側の湿原を歩いて無事下山。カミさん曰く「山来るといつも騙される」。スミマセン。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
| Jogging・Run・登山 | 23:04 | comments(0) | - |



<< | 2/19PAGES | >>

/a